名取市不動産についての概要について

名取市は宮城県の中央から南方方向に位置する地域で太平洋に面しているエリアです。人口は約7万7千人、人口密度は平方キロ当たり791人の地域で西部は丘陵地、東部は平野部からなっています。
仙台市のベッドタウンの機能を持ち1980年代の後半から宅地開発が活発に行われて来ています。2011年3月に東日本大震災が発生し沿岸地域が津波の被害を受け多数の犠牲者を出しています。主な産業は第三次産業で約71%を占め農業や海産物の生産も盛んに行われビール工場などもよく知られています。人口は1970年以降2010年まで増加を続けて来ています。県内唯一の国際空港があり鉄道もJR東日本を始め空港鉄道が通っていて中心となる駅は名取駅となっています。名所・観光スポットとしては神社仏閣や植物園、古墳、朝市などが有名です。

名取市不動産の価格相場については

宮城県仙台市の地価水準は2016年時点で平均地価は坪当たり28.4413万円、平米8.6035万円で前年比で4.85%の上昇、全国12位の水準にあります。
名取市の地価水準は県内第3位に位置し坪当たり平均16.3636万円、平米当たり4.9500万円、前年比では0.72%の上昇になっています。
杜せきのした2丁目は特に地価が高く坪当たり25.95.4万円、平米7.8500万円となっています。宅地の平均価格は坪16.2329万円、平米単価は4.9104万円、前年比では2.23%の上昇になっています。
地価公示価格は2006年以降余り変動が見られないものの取引価格は2006年から低めで変動し、2015年から2016年にかけては地価公示価格に近付いています。

名取市不動産物件を探す場合には

仙台市から名取市周辺にかけて詳しい業者があり9店舗がネットワークでつなっています。不動産の購入や住み替え、売却や査定まで行っていてこの1年以内には情報審査規約に抵触する重大な違反がないということで優良店の認定を受けているようです。
新築戸建て住宅や中古マンション、中古一戸建て、土地や工場、倉庫や事務所、店舗や投資用物件、その他リゾート物件も扱っています。競売物件の代行取得や売り物件の買取保証、提携ローン会社もありつなぎ融資にも対応しています。中古マンションの買取や中古一戸建て住宅の買取も行っていて19時以降も営業が行われ女性スタッフが対応しています。
取り扱い物件ではマンションでは1千万円から4千万円の価格帯、一戸建て住宅では1千万円から7千万円まで、土地は100平米以上で3千万円までの物件が扱われています。