知っておきたい名取市不動産の基礎知識

名取市は、宮城県の仙台市のすぐ南に隣接している市町村の一つです。東北地方の中で一番大きな都市といわれている仙台市に通勤する人も多く、東北地方の中でも名取市不動産は人気があるのが特徴です。
仙台に通勤をする場合は、名取市の中心的な駅である名取駅から電車に乗って仙台駅まで15分で到着するため、非常に立地が良いと言えるでしょう。飛行機で東京方面や大阪方面に行く場合は、仙台空港を利用すると便利です。名取駅から仙台空港に行く場合は、仙台空港アクセス線を利用すればおよそ7分ほどで到着することが可能です。
このような便利な立地だけでなく、市の中心部から西側に行くと高台になっているため、災害が起きた時に安心できます。特に高台の場合、地震や水害などの被害は受けにくいのが特徴です。

賃貸住宅を借りる場合のおおよその目安

賃貸住宅を借りる場合、名取市不動産のおおよその相場を知っておくと便利です。名取市は賃貸住宅として中規模のマンションだけでなくアパートの複数ありますが、築30年ぐらいの住宅であれば家族住まいの3LDKでも毎月の家賃は5万円台で借りることができるのが特徴です。
一方新築の3LDKのマンションの場合、毎月の家賃はおよそ8万円になります。これは、名取市の隣にある仙台市若林区の住宅と比較しても相場で1万円近く安くなります。1年間に換算すれば12万円の違いがありますので、出費を減らしたいのであれば名取市の不動産は魅力的と言えます。
一人暮らしの場合は、毎月の家賃はおよそ3万円台からになります。新築や築3年以内の不動産は、1Rで4万円台が相場になっています。

一戸建て住宅を購入する場合の目安

名取市不動産の中で、一戸建て住宅を購入する場合の広さと金額の目安は、150平米ぐらいの土地が付いており2階建ての木造住宅が建築されている新築物件でおよそ3000万円ぐらいになります。もちろん中には高級な建売住宅もありますが、いくら高級であっても4000万円台が上限になっています。駅から少し離れた所であれば2500万円台で新築一戸建て住宅を購入することは決して難しくありません。
中古住宅は築年数や大きさにもよりますが、築20年以上の住宅であれば1000万円未満で購入することができる場合があります。一方で新築から5年以内の住宅は1500万円から2000万円ぐらいの金額が相場になります。いずれの物件も土地に余裕があるため自動車2台分ぐらいの駐車スペースは確保できている物件が多いです。