耐震性を高めた安心できる住宅が揃う名取市不動産

東日本大震災や熊本地震などの大地震を経て、住宅の耐震性は強化されています。従来の建築基準法の最低限の基準を満たしただけの住宅はもはや見られず、住宅メーカーや工務店、不動産会社は研究と工夫を積み重ねて耐震性を高めた住宅を供給しています。名取市不動産でも建物に独自の耐震性を高める工夫が見られます。大手住宅メーカーでは、各社が得意とする方法で耐震性を高めています。2×4工法のメーカーは、一度の地震だけでなく、何度も揺れる地震に対しても耐えることのできる住宅を開発しています。軽量鉄骨のメーカーでは、構造計算により地震の揺れに強い住宅を開発しています。木造在来工法のメーカーでは、接合金物などの工夫により、耐震性の高い住宅を供給しています。工務店や不動産会社でも、様々な耐震性を高める工夫が見られます。

大手住宅メーカーが自信を持つ余裕の耐震性

大手住宅メーカーは地震対策に自信を持って望んでいます。元々、高い技術力を持つことから、すでにある既存の技術を使い、地震に強い住宅であることをアピールしています。大手住宅メーカーの利点は豊富な研究開発費です。専門の研究員が日々、耐震性を高めるための研究を行っています。実験では実物大の実験施設を使い、実際に建てた建物を地震に相当する揺れを与えて揺らし、結果を下に研究を積んでいます。実物大の実験施設は工務店や不動産会社にはなく、大手住宅メーカーの有意性の元となっています。大手住宅メーカーの建てる家は、建てられた時点で最高の耐震性を発揮し、その後経年と共に耐震性が弱っていきますが、底までの検証はされています。大手住宅メーカーから名取市不動産を求める場合は、耐久性に対する検証が必要です。

伝統技術で耐震性を高める地元工務店

地元工務店や不動産会社も、独自の工夫により耐震性を高めた住宅を供給しています。地元工務店は、得意とする木造軸組み工法を用いて耐震性を高める手法を選んでいます。元々、木造軸組み工法は日本の伝統木工法の伝統を継承するものです。伝統木工法は太い柱や梁を幾重にも組み合わせることにより、高い耐震性を確保してきました。法的な制約のため、伝統木工法をそのまま使うことはできませんが、床の剛性を高めるなどの方法により耐震性を高めています。床の剛性を高めることで、地震時にそれぞれがバラバラに作用していた筋違いが、一体として作用するようになります。さらに、柱などの曲げ抵抗も期待でき、従来の筋違いを単独で用いる方法に比べて耐震性が高まります。地元工務店や不動産会社は、耐震性が高いことを証明するために、住宅性能表示の取得や、長期優良住宅の認定を目指しています。