住宅メーカーと地元不動産会社が競合する名取市不動産

仙台市と隣接する利便性の良さと、仙台空港を擁するアクセス性から人気が集まっているのが名取市不動産です。以前は地元の企業や不動産会社を中心に宅地が提供されてきましたが、近年、大手住宅メーカーや中央資本の参入により競争が激化しています。消費者にとっては物件を比較して選ぶことができる環境が出来ています。大手住宅メーカーによる開発と、地元の不動産会社が提供する物件は大きな違いがあります。この違いを知ることで、自分に有利な物件を探すことが出来ます。インターネット上での掲載は少ないものの、地元の工務店も検討しています。地元の工務店は地元の有利さを生かし、地縁血縁を頼りに営業しています。不動産会社も地元での連携を強めて、大手住宅メーカーや中央資本に対抗しています。

住宅メーカーが提供する物件の特徴

大手住宅メーカーが提供する名取市不動産には特徴があります。大手住宅メーカーは、駅に近い場所で住宅地の開発を行っています。地元不動産会社が高舘丘陵や愛島丘陵で物件を供給しているのとは対照的です。大手住宅メーカーが開発している地域は、JR東北本線名取駅周辺、南仙台駅周辺です。さらに、仙台駅と仙台空港を結ぶ仙台空港アクセス線沿線でも盛んな開発を行い、物件を提供しています。仙台空港アクセス線沿線には杜せきのした駅や美田園駅があり、大型ショッピングセンターのある優位性をアピールしています。駅に近い物件の魅力は高く、交通の便以外にも買い物などの利便性に優れています。駅の近くに開発された土地は、区画が小さめです。そのために住宅の規模も制限されます。2千万円台から3千万円台の手ごろな価格帯を中心に売られています。

地元不動産会社が提供する物件の特徴

地元不動産会社が提供する物件の中心は西部の丘陵地帯です。名取市不動産では西部の丘陵地帯に優良な物件が集まっています。高舘丘陵には、ゆりが丘、那智が丘、みどり台といった有力な住宅地が続きます。愛島丘陵では、名取が丘、愛の杜といった良質な住宅地が開発されています。名取市の西部に位置する住宅地は地盤が良く、洪水の心配がない高台に造成されているので、資産として安全に所有することが可能です。敷地は全般に広く、ゆったりとした住宅を建てることが出来ます。住宅地の中には買い物施設があるものの、数は少なめです。日常品の買い物には、クルマで国道286号か国道4号まで出向く必要があります。名取市郊外の住宅地に住む場合は、クルマの利用が前提となります。街道沿いには多くの店舗が立地しています。